奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 敬愛するNANAさんのブログ『おもいでになったとき』から 特別支援教育 その4

<<   作成日時 : 2006/01/22 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 元校長先生と同じぐらい尊敬しているブログを書いている方がNANAさんです。その文章は,本当に温かく,冷静で,おもしろい!?そのなかで,胸がキュッとなった唯一の記事が『偏見』と『偽善』という記事です。

 読んでいて,泣けそうでした。養護学校に勤めていたNANAさん。自分は障害について理解しているつもりだったのに,同じ一人の人間だと思っていたのに,自分の愛してやまない娘さくちゃんが,「来年度の新入生かと思った」と養護学校の先生から言われたときの,自分のなかに起きた感情と自分の感情に気付いたときの動揺。。。
 実は,私も,読んだときに思い浮かべたことがあるのです。私は,つい特殊学級のことを忘れて学年行事などをぎりぎりになってお知らせするというおバカなやつなのですが(これだけで十分ひどい。。。),それは廊下で起きました。今年から特殊に入学したAさんが,私の横を走り抜けて行ったのです。あぁ,あぶないなぁと思いながらも,後姿に「あぶないよぉ〜。」と声をかけただけでした。そのことを特殊の先生に話したら,叱られました。「なんで,しっかり,怒ってくれないのですか。」と。優しい言い方でしたが,「特殊の子だから叱らないなんて,ダメ。特殊の子だからこそ,安全にかかわるようなことはしっかり教えないと。」と教えてくださいました。

 やっぱりバカですね。Aさんだから,おこっちゃあいけないかなとか,言っても分かってもらえないかな,という気持ちが自分にはあるのです。明らかにAさんを特別に見ている。。。。Aさんに伝わるように指導しなければいけなかった。いつも,気付くのは後。勉強不足です。いや,これこそ偏見であり,差別であったと肝に銘じて,頑張るしかないのですね。。。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敬愛するNANAさんのブログ『おもいでになったとき』から 特別支援教育 その4 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる