奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 気がついたら春がすぐそこに。。。

<<   作成日時 : 2008/03/22 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 卒業式もすみ,後は修了式を待つばかり。桜のつぼみもどんどんふくらみ,春はもうすぐそこまでやってきています。

 ていうか,もう春ですね。今年はあまりブログに割ける時間がなかった気がします。(ていうよりさいてません。><)そのせいか仕事は順調にはかどっています。通知表のデータベース化が大変ありがたく感じます。要録もなるといいなぁなんて思ってますが,うちだしがうまくいかないと困るので,却下。毎年打ち出すというやり方も考えられますが,前年度分の処分が困ります。
 さて,今年度は自閉傾向のAさんにてこずった1年でしたが,周囲の子どもたちの心の成長に大きく支えられました。なんたって担任よりAさんの扱いが上手なのですから。^^:
これで,学級が解散になってしまうのが残念なぐらいです。来年もよい学級になるとよいなぁって思ってます。

 というわけで,春の温かい日差しの中で,外を見ながら,お仕事をしてきた奈々氏でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
通知表のデータベース化は本当に助かりますね。私の勤務校では要録も順調にその道を歩んでいます。高学年だけはまだ手書きですが・・・。2年後には全学年がコンピューターで書き、打ち出すことになります。今までの用紙はシュレッダー。資源的には大変な損失かもしれませんが、事務処理に割く時間は半減します。どちらがいいのでしょうね。
ツェツェ
2008/03/23 02:42
@ツェツェさんへ@
 手間を考えたら,1も2もなくデータベース化して,打ち出すのが楽なのでしょうが,さすがに毎年何百枚もの要録をシュレッダーにかけるのは気が引けます。また,処理をきちんと行ったかどうかが確認しずらいのも難点かと。私の地域には,紙再処理用の入れ物が用意されていますが,いくら機密文書専用とはいえ,要録をそこに入れるのは,どうかなぁ。
 というわけで,データベース化をして転出や進学のときだけ打ち出すっていうのは,どうでしょう。もちろん機密の維持が大前提ですが。いずれにせよまだ先の話なので,がんばって手書きします。
奈々氏
2008/03/23 10:07
奈々氏さん、こんにちは。

わたしの学校では通知票はデータベース化され、プリントアウトしたものを送付しています。
でも指導要録は手書きです。担任が替わる可能性があり、各自が印鑑を押さなければならない…というのが転学・卒業のときに打ち出すというやり方のネックになるのかもしれません。

サーバーの故障等でデーターが消えてしまうという危険性もありますよね。膨大な量のデーターのバックアップを保存するのは大変なことでしょうし…

でも改善されたら少しは楽になるのになあと思います。
わたしも頑張って手書きに励みます。
卯月
2008/03/25 06:39
@卯月さんへ@
こんばんは。通知表についてはうちの地域も同じです。
要録は,在籍の記録と指導の記録の2枚に分かれており,在籍の記録は市から打ち出されて送られてきます。ですので,転居や改姓などの際に訂正すればよいだけで,担任などは毎年押印しますが,こちらに一括です。毎年記入の成績などは指導の記録に記載し,担任名や押印は欄がないので,毎年の打ち出しも可能なのです。が,私は何百枚も要録の用紙を無駄にすることは現状では賛成できないかな?
奈々氏
2008/03/25 22:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
気がついたら春がすぐそこに。。。 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる