奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 運動会に向けて

<<   作成日時 : 2007/05/12 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今週は天候にも恵まれ,中身の濃い学習が出来ました。

 はじめに,なんといってもリレー。3年生になり,初めてリレーを行います。100mを走るのだって結構大変。そして,リレーの命,バトンパス。まだまだうまくいかないですね。でも,メンバーや走順を決めるとき,バトンパスの仕方の練習の場面で,いいなぁって思った姿が随所に見られました。
 まず,クラスを4つのグループに分けました。そこで出た言葉が,同じぐらいの速さで分けたいという言葉と,交流学級の子たちといっしょのグループになりたいという言葉。後の言葉が特にうれしかったですね。交流学級の子たちは,やはりハンディーがあり,勝負がかかったリレーで子どもたちがどんな反応をするのかが心配でしたが,これまで2年間積み重ねたものは,子どもたちの心にしっかりと根を張っていました。(この2年間の競争遊戯は,ハンディーなしで親学級に参加していました。親学級の子どもたちも,当たり前のように一緒にやっていました。)
 次に練習。交流学級の子どもたちは,保護者の了解を得ているとはいえ,やはりできるだけ頑張ったことが目に見える形で本番を迎えたい。他の子と同じように自然に一人の仲間として活動する姿が見たいという保護者の方々の気持ちは,私たちにも分かります。できるかぎりその姿を見せられるようにするには,毎日毎日の練習しかありません。少しずつ少しずつ,なおかつ着実にレベルアップできるように。子どもたちとも相談して帰りの会を少しだけ早めに終われるように授業をぐっと凝縮し,毎日帰りにバトンパスや走るコースを覚えていきました。授業と授業の合間や授業後のわずかの隙間を狙いました。なぜって,長い休憩時間は他の子が遊んでいたり,リレーの練習をしているクラスがたくさんあったりで,安全確保が出来ないから。授業後の10分ぐらいの時間帯は,どこも使っていなくて,なかなか良いです。そして,昨日,学年全体で初めてのリレー練習がありました。入退場や集合の練習でほとんどがとられましたが,無理を言って1度だけでも本番どおりに走らせてもらいました。何事も本当のように経験しないとね!結果は,交流学級の子もしっかり走りきり,バトンも最後までつながりました。(ちょっとだけテイクオーバーゾーンを超えちゃった子もいましたが)私としては,大満足。交流学級の子どもたちとの時間を確保することが,子どもたち全体のレベルアップにもつながってます。しかししかし,やっぱり見えてないことが多い。交流学級の先生からは「うまく走れてなかったから,もう少し練習が必要だね」ってダメ出しが。まだまだ修行が足りない。><
 そして,ソーラン節。足が痛くても,汗まみれでのどが渇いても,低い姿勢で踊りたい,もっとうまくなりたいという気持ちが伝わってくる学習でした。担任が一番もうやめたいと思っていたかもしれません。(笑)さすがは,2年間上級生を見てきて憧れてきただけのことがあります。ただ,やりたくてもうまく出来ないところもまだまだ多い。そこをどれだけ上達させてやれるかが私たちの仕事ですね。意欲付けはあれこれ種まきしなくてもいいので,楽ですが,その分,体を張って見本を見せてやらなければならない。それが,この頃辛くなってきました。そして,一番うれしかったのが隊形移動のときや集合のとき。お願いしておいた子はもちろん交流学級の子を気遣ってくれているのですが,特に声をかけていなかった子が,気遣っているのです。しかも,普段は頭脳は優秀でも幼児性が抜けなくてすぐかんしゃくを起こしている子が。子どもたちの心を大きくしてくれる交流学級に感謝!

 というわけで,今週は筋肉痛や腰痛に悲鳴を上げながらも,子どもたちの頑張りに気持ちよく眠りにつけた奈々氏でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
運動会に向けて 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる