奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく休み気分になってきました

<<   作成日時 : 2006/08/13 18:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 教員の休みはここで取るという指定は無いので,自分で休みを計画して取ります。私もやっと休みだなと実感できるゆったりした生活が戻ってきました。

 とはいえ,好きなときにいつでも休みがあるわけじゃありません。今だに「先生は夏休みだからいいねぇ。」,「子どもがいないのに,やることあるの。」なんて言われることもありますが,夏休みなんて休みは教員にはありません。所謂お盆休みみたいな休暇は1年で10日ぐらいかな?(ちょっと忘れちゃった^^:)夏はこのうちの6日ぐらいです。あと休むとしたら有給休暇をとることになります。これは年間20日。繰越分を入れると40日までだったかな?
 この休みを使って休むわけですが,お盆の平日にも学校はあいているので,日直やプール当番がある日には休みが取れません。また,市の球技大会や水泳大会が夏休み中にあるので,当然そのときには引率です。会議や打ち合わせも組まれます。そんなこんなで,8月10日ぐらいまでは休みは取れません。ですので,だいたいお盆前後に休みを取る方が多いです。私の休みも今年はそうなってます。一応,10日から休みを入れていたのですが,10日は結局出校し,指導案の検討をしていました。
 そして11日から早めの休みでうれしいなっと思っていたその夜。事件は起きました。寝ようかなと自分の部屋に来てパソコンを立ち上げたそのとき,電話がかかってきました。夜遅くにかかってくる電話は良いことじゃない。。。案の定,生活指導上の問題で,結局夜中12時まで駆けずり回りましたが,解決せず,翌日の朝まで走り回ることになりました。で,帰ってきたら,寝るだけで,1日が過ぎました。年をとってくると夜遅くまで起きていたつけが翌日まで残り今日もなんだか眠くて眠くて,ようやく夕方から活動開始,今これを書いてます。

 というわけで,教員の夏休みは世間が思うほどたくさんもないし,楽ではありません。生徒指導で夜も駆け回ります。(問題に即対応。これは一般企業でも当たり前かな。。。)ただ,たしかに明るいうちに家路につける夏休みは精神的には圧倒的に楽ですね。^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様です。
夏休みといっても教員も子どもと一緒の休みではないということが、意外と知られていないのだなぁと思います。先日、昔からの友達と食事をした時にも言われました。「え?先生って夏休みじゃないの?」って。仕事先から駆けつけたことを知っての言葉でした。やれやれ・・・という感じです。
確かに明るいうちに(定時に)帰宅できるというだけでも気持ちが楽です。私も少し、休みモードに入ってきました。
一週間後には出校日で、その後は忙しそう。
なので今のうちに休みを満喫したいと思います。
奈々氏さんも楽しい休日を送れますように♪
ツェツェ
2006/08/14 00:26
こんばんは。ベルママです。
いつもほんとにお疲れ様です。
学校の先生は、夏休みが長くていいわねとうちのおばあちゃんも言ってます。(苦笑) そのたびに、夏休みでも先生方は学校にいらっしゃっているのだと説明するんですけど、「銀行は3時までで仕事が楽ね。」という認識とおんなじみたいですね。(更に苦笑) 見えてないところで活躍なさっているのは、一般にはいまだ知られてないのでしょうか。(^^;;

うちの娘が小学校時代、役員やボランティアで私も学校に顔を出してましたが、多忙な先生方の様子を見るにつけ、何か私みたいなものでもお手伝いできないかと、せめて教室のお掃除や宿題の丸付けでも…と冗談半分、本気半分でお伝えしたこともありましたが。(^^;

貴重なお休み、リフレッシュできますようにお祈りしております。
ベルママ
2006/08/14 01:03
@ツェツェさんへ@ <まねして見ました。
私も16日から人間ドック,日直,指導案の検討と仕事開始です。みんなは海外に行ってる人や家族サービスに努めていたりしてますが,私はお盆や年末年始は家でまったりです。短い休みがさらに短くなってしまいましたが,のんびり本を読んだり,ネットサーフィンで過ごしています。
奈々氏
2006/08/14 15:42
@ベルママさんへ@
一般の方の認識はずっと変わっていないのかもですね。地域により差が大きいのも確かなのですが。。。
ブログを通じて,特別支援のことでいただいた言葉のなかに『思いをどれだけ共有できたか』というものがあります。私たちが保護者の方の思いをどれだけ共有し,連携して教育活動に取り組めるのか考えていかなくちゃと,いつも自分を振り返ってます。保護者の立場にある(立場にあった)ベルママさんから,このようなコメントをいただけると教師もうれしいものです。やっぱり思いを共有できるって大切ですね。
奈々氏
2006/08/14 15:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく休み気分になってきました 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる