奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校と家庭をつなぐもの 学校教育を支えるもの その1

<<   作成日時 : 2006/02/19 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 敬愛するNANAさんが悩んでいる学校との連携。学校を1番支えてくれる家庭のことだけにきちんと考えるべきだと思います。そして,真剣にかかわっていきたいと考えているだけに,学校側もきちんと対応しなきゃぁ。というわけで,うちの学校の実態です。

 まず,年度当初のPTA総会と学級懇談会または学年懇談会で。今年の1年生は,学年懇談会という形で行いました。このときに学校要覧を配ります。内容は,学校の経営方針,年間計画,どのようなシステムで評価をしていくかが簡潔にまとめられてます。学年懇談会では,学年の教師と全学級の保護者の方が話し合う場が設定されます。また,学年経営案と学級経営案が配布されます。ここには,今年1年をどのように指導していくが書かれてます。
 次にお手紙で。各行事の前には学校から必ず手紙が配布されます。が,これは普通どこでもやっていると思います。参観の呼びかけはここで行われます。
 そして,学年通信と学級通信で。学年通信は毎週1回発行。うちは,あまり出してないので学級通信は週1回発行。ここに,各行事や学習の狙いや参観の呼びかけがなされます。また,子どもたちの様子も書かれていることが多いです。
 こんな感じで学校の情報を流しているんですが,NANAさんのブログを読んでいると足りないことにいっぱい気づかされます。まず,私たち教員は当然わかっているということでも,1年生の保護者には分からないということが多い。お手紙の書き方も参観の呼びかけなのかどうかが分かりにくい。直接話す機会が少ない。などなど。

 いつもNANAさんのブログには考えさせられます。同じように元校長先生のブログでは,考えるべきことが整理されて示されています。で,私は自分の問題点がよぉ〜く分かってきます。ちゃんちゃん。^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
すいません。コメントが遅くて!

>元校長先生のブログでは,考えるべきことが整理されて示されています。で,私は自分の問題点がよぉ〜く分かってきます。

はい!わたしもです。
結構タイムリーな内容も多いですね。ご存知で合わせてくださっているのかしら?と思うこともあるくらいです。(これは自意識過剰でしょうが!)
NANA
2006/02/21 08:56
週1回ペースで出るお便り???
ありませんよ。
給食便りは確実に月1回以上。たぶん保健便りも月1回以上ペースでしょう。数えてませんが!
で、同じように数えてませんが・・・。学年便り?これもきっと月1回。学校便りも同様?だろうか?もしかしたら学期に1回以上かもしれません。
学級通信は、発行を規定されていないのでしょう。ランダムですが・・・。月1回ペースよりは?まぁ、トントンぐらいは出てるでしょう。で、彼は通信をまめに良く出してくれる先生だそうですよ。(ベテラン保護者に聞きました)
NANA
2006/02/21 09:03
お便りの数で勝負できるというものではないと思いますが!

>足りないことにいっぱい気づかされます。
私が欲しいのは、意思表示であって、全部学校や先生方の努力だけで埋めてもらおうとは思いませんよ。
全部なんてやってできるものでもありませんが・・・。
それこそ、細かい事なら『親同士』の関係を深めながら伝え合っていく。と言うのも、収穫の大きいやり方です。で?ココを『学校が足りないからだ』として、全部埋めてしまうと?親同士間が希薄になってしまったり?と、せっかくのチャンスを奪ってしまう事になる場合もあるでしょう。
大事なのは『お互いに』努力しよう。と。することだと思います。
NANA
2006/02/21 09:11
そして・・・。
『お互いに』の部分として・・・。
私からの発信も足りなかったと思います。
皆さんのおかげで本当によい勉強になっています。

本当にありがとうございます。気長にやりますよ。
NANA
2006/02/21 09:15
 通信については個人差が大きいと思います。私の仲間内でも,ほぼ毎日発行からうちのように週1回と差が大きいです。
 双方向で情報を共有しあえる関係を築ければ,または築いていく努力を続ければ,きっとよりよい環境が作っていけると思います。^^
奈々氏
2006/02/21 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
学校と家庭をつなぐもの 学校教育を支えるもの その1 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる