奈々氏の良い加減でいこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 特殊学級と普通学級のあいだで 特別支援教育 その8

<<   作成日時 : 2006/01/28 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 特別支援教育の導入とともに,特殊学級のあり方も変わるといわれています。特別支援が必要な子どもたちの中の一人ということになるのでしょうか?そして特別支援教育の対象となるのはADHDやPDDなどの子どもたちも含めるということのようです。

 うちのクラスにも,自閉傾向の子どもが1名います。Aさんは,学力的には問題のない子です。しかし,友達との活動が今のところうまく成り立ちません。一緒にはやってますが,関わり合って学習や遊びをするということが少ないのです。クラスで,指導していくときに,問題となるのはAさんが,周囲の状況を考えずに行動してしまうことです。自分が当てられないと,「まだ当ててもらっていない」と,他の子が発言しているときにも,訴える。思いついた質問は,すぐに聞かないと気がすまない。授業中でも,鼻歌を歌って,自分の興味のあることをやっている。国語の時間に,国語はやって入るけど,みんながノートを書き写しているときに,Aさんは漢字を練習している。こんな感じです。また,全校の児童が集まり,集会をしているときに,大きな声で反応してしまう。大きな問題というわけではないのですが,他の子どもたちは,最初は分からないのでぶつかります。私も,Aさんの様子から自閉の傾向を感じて,きちんと横に行き,小さな声で説明したりとか,事前にきちんと話しておくとか,指名をなるべく早めに多めにするとかしています。我慢できたときにはほめまくる。ですが,効果がすぐには出るものではありません
 周囲の子はどうか。1学期は大変でした。どんな子どもか,お互いに知らないので,叩かれたとか,Aさんはずるいよとか,けっこうトラブルがありました。しかし,2学期ぐらいから変化が起きました。周囲の子が,Aさんを理解してくれたようです。まるごとそういう子なんだと思ったようで,それ以降,トラブルはありません。一緒に学習した効果です。Aさんにとってというよりも,周囲の子にです。

 このAさんの事例から考えると,特殊の範囲には入らないが,障害を抱えている子には,何とか対応できそうです。が,問題はクラスに何人も障害を抱えている子がいるときです。ADHDの子とPDDの子は,相性が悪い気がします。自閉の子同士は共鳴してパワーアップする気がします。そして,今は特殊学級で少ない人数の中での支援も受けている子どもたちが,どうなるのか。クラス編成と個別の手立てでこれまでは何とかしてきました。理念は良く分かる特別支援教育。良いことであるとも思う特別支援教育。でも,どうやって対応するのかいまいち見えてこない特別支援教育。
 特別支援教育にむけて施設や人材面で学校に対する支援があるのか。書類や会議,御指導がただ増えるだけで,より忙しくなるのかが気になります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっしゃること、よくわかります。理念はすばらしいのですが、人的保障がないと、むずかしいですよね。現場の苦労は大変なものになると思います。わたしが現職のころは、『財政難の折から、トーンダウンして来た。』と聞いた事もあるのですが、その後はどうなのでしょう。
 奈々氏先生の取組、すばらしいと思います。自閉傾向の子が学級の子達から受け入れられてきたということは、それこそ、先生の、さりげないはたらきかけの成果なのではないでしょうか。
toshi
2006/02/05 07:33
 いつもほめていただきありがとうございます。子どもたちが,ほめられると伸びる気持ちがよくわかります。(笑
 さて,自分自身では,意識してほかの子に声がけしてきたことはないのです。やっぱり子どもたちの中に,いろんな子どもを受け入れる力や他の子にたいする思いやりの気持ちが本来備わっていると実感できる2学期でした。こちらのちょっとした後押しで,子どもたちが何倍も力を発揮してくれたときほど,うれしいことはないです。
 特別支援教育は,現在3回目の養護学校の教員の方の巡回訪問を控えています。先日はコーディネーターの方が出張でしたので,また何らかの報告があると思います。どうなるんでしょうか。。。
奈々氏
2006/02/05 19:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
特殊学級と普通学級のあいだで 特別支援教育 その8 奈々氏の良い加減でいこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる